みどころ岩国

岩国市の、みどころ(観光)やグルメなどを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

岩国城を探検

子供と二人で岩国城を探検しました。
まず吉香公園の中にある 「ロープウェイ乗り場」から出発です。

ロープウェイに乗って「山頂駅」に行きました。
ここでロープウェイを降りて右手に歩きます。

少し歩くと、「岩国城まで300メートル徒歩5分」という標識がありました。右側は「広い道」、左側は「山道」と書いてあります

「さて、右に行くか、左にするか」子供と一緒に考えました。
その結果……私は右手の山道を、子供は左手の広い道を行くことにしました。
落ち合う場所は岩国城の「天守閣」です。

岩国城01

山道を歩いて行くと、この看板がありました。
図の中に描かれた「大手門」を目指して歩きます。

岩国城02

階段を上って「大手門跡」につきました。
私はもっと立派な門を想像していたので、ちょっと驚きました。
門をくぐると右手に天守閣が見えました。

岩国城03

青空に白い岩国城がよく映えます。
「絵はがきにあるような構図ね」
なんて言いながらしっかり撮影しました。

子供は私より先に着いていて「お城に入ろうよ」といいます。
お城の入り口は反対にあるので移動して入場しました。

入ってすぐの所には日本刀が飾ってありました。
私は、あまり興味がなかったので階段で展望台を目指しました。

岩国城04

展望台は四面がガラス張りでよく見渡せます。
写真は観光客の方がガイドさんの説明を聞いているところです。

岩国城05

お城の中から風景を撮影してみました。
真ん中のあたり、少し左手に見えるのが錦帯橋です。

岩国城06

しばらくすると正面が空いたので、そちらからも撮影。
今度は錦帯橋をズームして写しました。

ガイドさんのお話では、お天気がよければ瀬戸内海の島々も見えるとか。
城の周りの木が低かった時は、山陽新幹線の「新岩国駅」も見えたそうです。
試しに言われた方をのぞいてみても、今は木が生い茂って見えませんでした。

岩国城07

出口の前に「日本の名橋」と書かれてある写真パネルのコーナーがありました。最初に目に付くのが「錦帯橋」のポスターです。思わずクスリと頬がゆるみました。

お膝元なので錦帯橋を一番に取り上げるのは当たり前ですね。

岩国城08

外に出ると「旧天守閣」がありました。今は石垣だけが残っています。

岩国城09

こちらは「空堀」の写真です。確かに水も無いので「空堀」ですね。

岩国城10

山頂駅に帰る途中には、「大釣井(おおつりい)」とよばれている井戸がありました。かつて岩国城の築城時に造られたそうで、脱出口にもなる井戸だったそうです。広い道から見えるところにあるので皆さんよく行かれるようです。

岩国城11

ところで、この9月に「北の丸周辺遊歩道」が整備されたので、そちらも歩いてみました。なんでも、岩国城の400年前の石垣が見られるそうです。

岩国城12

ただ、この道は細くてアップダウンが多く、お年寄りにはキツいかもしれません。
さらに……途中この時期なのに蛇と遭遇しました!
犬と散歩をしている人に蛇の話をしたら、
「それはハミ(マムシ)じゃあなかったかね」と言われてビックリ!!

今度はこの道は通らないことにしよう、と密かに決心しました。

ところで、私はこの岩国城の別名が「横山城」というのをこの時に知りました。
なるほどです。吉香公園の周りが横山という地名ですから。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お城

一回だけ中に入ったことがあります。

改めて写真を拝見すると、城下町っていう感じですね-。

お殿様も同じ眺めをみていたんでしょうかね。

 大阪城の天守閣には、大阪城の春の陣秋の陣?の最後の

戦いが、蒔絵の時代絵で描かれています。結構 悲惨。

 露と落ち露と消えにし我が身かな、
 
 浪速のことも夢のまた夢。

ご存知、太閤秀吉の時世の句です。時は流れる。。。

なんてことを思ったりもしますね-。秋ですね-。

ぴ-まん | URL | 2008年10月29日(Wed)09:46 [EDIT]


ピーマンさん、私は岩国城に2度中に入ったことがあります。
展望台から錦帯橋を眺めるのは気分がいいです。
お殿様もこの風景を見てどんなことを思ったのでしょうか。
一口に400年と言うけれどそのころの事は想像できません。私は錦帯橋がきれいになったのが嬉しくて写真を撮りました。
機会があれば大阪城に行って蒔絵を見てみたいです。

咲良 | URL | 2008年10月31日(Fri)22:08 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。