みどころ岩国

岩国市の、みどころ(観光)やグルメなどを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

錦川水の祭典

錦川水の祭典 交通情報

錦川水の祭典

スポンサーサイト

PageTop

白蛇観覧所

白蛇0101


岩国には「天然記念物」の白蛇がいます。
市内には、何カ所か白蛇が見られる施設がありますが、錦帯橋の近くにも「白蛇観覧所」があって見ることができます。
場所は、ロープウェイ乗り場のすぐそば。下の写真の左手に写っているのはレストラン吉香です。

白蛇0102

観覧には、料金はかかりませんが、「援助」という形で100円を入ってすぐの箱に入れるようになっています。私はてっきり市の施設かと思っていたら「財団法人 岩国白蛇保存会」の方々が運営されているそうです。

白蛇0103

観覧施設は、わりと小さい建物がひとつあるだけの簡素なものでした。

白蛇0104

入って左側には、いろいろな資料が展示してあります。

白蛇0105

お守りもあって、なんか可愛い感じです。

白蛇0106

正面には、ガラスケースの中に白蛇がいて、みなさん熱心に見られていました。

白蛇0107

マスコットキャラかな?

白蛇0108

みなさん珍しいみたいです。

白蛇0109

白蛇の抜け殻が、「一幅の書」のように飾られていました。なかなかいい感じです。

白蛇0110

中には売店もあって、様々な白蛇グッズが売っていました。

白蛇0111

白蛇のお守りを買いました。500円です。何かいいことあるといいな。

白蛇0112

PageTop

桜井戸-名水百選

岩国市には、名水百選に選定された桜井戸があります。

場所は通津中学校と通津小学校のちょうど中間くらいです。道沿いに大きめの石碑が建っているので分かりやすいと思います。

桜井戸01

石碑のところから、奥に行くと井戸のようなものがあります。また、その右横には「天地水明」の石碑があります。

桜井戸02

その右手に、自然石の石碑があり「名水百選十周年記念事業」と書いてありました。この石碑の後ろに蛇口があり、自由に水がくめるようになっています。

桜井戸03

ペットボトルとか、水を入れる容器を持っていくと良いかもしれませんネ。

桜井戸04

この水で、お茶や紅茶をいれると美味しいとか。ぜひお試しあ~れ!


詳しい地図で見る

PageTop

吉香公園の「ほしで茶屋」

吉香公園のロープウェー乗り場から、吉香神社に向かって歩いていくと、右手にいかにも茶屋といったお店があります。名前は、「ほしで茶屋」というそうです。

茶屋01

このお茶屋さん、なかなか風情があるお店だと思うのですけど、お味の方はどうなのでしょうか。

私が通りがかった時には、おじいさんが一人ここで休んでらっしゃいました。

茶屋02

夏の暑い日なんかに、ここを通ったら、ほっと一息つきたくなるかもしれませんね。


詳しい地図で見る

PageTop

岩国港みなと祭り花火大会

花火情報で紹介させていただいた「岩国港みなと祭り花火大会」に行ってきました。

ここの会場は、岩国港のあたりで、駐車場はすぐそばの装港小学校のグラウンドです。私もずいぶん昔に、そこに車を停めて見に行ったことがあります。


詳しい地図で見る

ただ、人混みを避けて昨年は鉢ヶ峰総合公園から見物しました。今年もそうしようと行ってみたのですが・・・・見物のポイントには人だかりができていましたが、昨年よりも木が生い茂ってキビシそうです。

時刻も遅くて、あまり余裕はなかったのですが、急遽メイン会場の方に移動することにしました。途中、国道に出る前の陸橋を通る時、コンビナートの明かりが新鮮でした。いい夜景ポイントです。

さて、国道188号線に出ると、車の中からでもそれなりに花火が見えます。このまま流してもよかったのかもしれませんが、せっかくだから写真も撮りたくなって撮影場所を探しました。駐車場になっている装港小学校は道の反対側にあるため入れそうにありません。第一、さすがに満車でしょう・・・・。いったん立石のほうまで行って、引き返していると、広い駐車場をみつけました。

早速、車を停めて三脚をセット。既に花火大会は、終わりそうな雰囲気です。しばらく待っても打ち上げがないので、あきらめて機材をしまおうとしていたら、花火が打ち上げられました。あわてて三脚をセットし、ようやく1枚だけ花火らしい写真がとれました。

実は・・・・この日は、普段使っているカメラとはちがうのを使ったので、ケーブルレリーズなしでの撮影。シャッター速度を決めたら、あとはヤマカンです。おまけに、トラックが通るたびに地面が揺れるという場所でした。それに、木々や電線も・・・・それでも1枚でも掲載した方がいいかな?と思っていちおう載せます。

花火写真は、次の花火大会の時に、「こうご期待」です・・・・。

W043.jpg

PageTop

岩国祇園祭

岩国祇園祭が、7月20日(日)に行われました。
主催は、椎尾八幡宮です。

W038.jpg

子供みこしが町内をまわり、太鼓飾りも華やかでした。

W039.jpg

「鼠小僧」と書いてありますが、ずいぶん可愛いですね。
後ろの方は、確か「キティ」ちゃんだったと思いますけど、どうだったかな?

W040.jpg

何にしても、ふるさとの祭っていいものですね。

W041.jpg

PageTop

海開きの神事(潮風公園)

「潮風公園みなとオアシス由宇」のHPを見ていたら、海開きのお知らせがありました。

  さあ、今年も暑い季節がやってきました!!!!
  潮風ビーチで海水浴を楽しみませんか!!
  潮風公園では、10:00より海開きの神事を行い、
  ライフセーバーによる監視もスタートします。
  ギラギラの太陽とキラッキラの海を満喫しよう!!

 2008年7月19日(土) 海開き

「海開きの神事って、どんなものだろう?」と、潮風ビーチに行ってきました。

神事は10時からで、潮風公園に着いたのはギリギリ10時前。ビーチを見ても場所がわからず探していたら、建物の間で今にも始まるところでした。私より一足先に車を降りたTVカメラマンも、いち早く撮影スタンバイです。

W032.jpg

海の方では、HPに書いてあったとおり黄色いジャケットのライフセーバーたちが活動を開始されていました。

W037.jpg

会場に着くと、いよいよ神事が始まりました。
当日は抜けるような青空!潮風公園の海開きにふさわしい朝です。

W033.jpg

まず、神主さんが祈祷なさっている様子。

W034.jpg

次に、来賓の方々が順々に祈りを捧げるていらっしゃいました。

W035.jpg

ところで、同行した寅吉から後で聞いたのですが、神事を見ていたら日陰にいたおばあさんに話しかけられたそうです。なんでも、お孫さんを連れて海水浴に来られたとか。

二人の話は、通津の海水浴場のことになり、おばあさんは「ぜひ泳げるようにしてほしい」とのこと。寅吉は、「だったら、あそこに福田くんがいるから頼んだらいいですよ」と言ったそうです。何でも、そのおばあさんは、お子さんが高校時代に一緒だったとかで、神事の後すぐに駆け寄って行かれたそうな。

「……ところで福田くん、通津の海水浴場、なんとかしてもらえんじゃろうか?」「いやー、僕もあそこは何とかせにゃいけんと思っとるんですよ」といった会話があったとか。

W036.jpg

通津海水浴場は、昨年、海水浴場としては開かれなくなり今はライフセーバーもいないようです。おばあさんの望みがかなって再開されるといいですね。

PageTop

レストラン吉香

今回は、吉香公園にある「レストラン吉香」の紹介です。

ロープウェー乗り場の前には駐車場があって、吉川公園の散策には便利なところです。

そして、駐車場のすぐ近くにあるのがこの「レストラン吉香」です。

W021.jpg

中からの景色は、こんな感じです。

W022.jpg

メニューは、「大名御前」(1680円)とか、単品の「天ざるそば」(830円)とか「わらびもち」とかいろいろあるのですが、私が好きなのは「錦帯御前」です。麺とかお料理が自分で選べるので、何度食べに行っても飽きません。

「うどん,そば」、「とうふ,エビフライ,鮎」「松茸御飯,岩国寿司,白御飯」が選べますし、「うどん,そば」は、それぞれ暖かいのと、ざるそば・ざるうどんが選べます。大平(煮物)はどれを選んでもついています。

以前は、「極上うなぎ」とか冬場は「かきフライ」もあったのですが、今は選べないのがちょっと残念。

W023.jpg

上の写真は、ざるそば(天ざるそば)と、とうふを選んだ時のものです。
おとうふは、昔ながらのとうふという感じで、とても美味しいですよ。

御飯物は、白御飯も松茸御飯も美味しいのですが、ここの岩国寿司は私が食べた中では「ぴかいち」です。

時々、香の物が付くことがあるのですが、この日は付いてませんでした。
何を選ぶかによって付いたり付かなかったりするのか、それとも付けるのをやめたのか、そのあたりはよく分かりません。

ただ、「錦帯御前」は、1580円という内容の割にリーズナブルなお値段のためか、現在は日曜祝日は提供されていません。それでも、1ヶ月くらい前に、電話で十人あまりの予約を入れた時は引き受けていただいたので、団体予約だと注文できる可能性はあると思います。

そうそう、忘れてはいけないのが食後のケーキセットが付いていることです。ケーキは「おまかせ」ですが、飲み物は選べます。器がお洒落でいい感じですが……量が多かったので飲むのに時間がかかっちゃいました(笑)。
たくさん食べてたくさん飲んで、満腹になりました~。

W024.jpg



詳しい地図で見る

PageTop

潮風公園みなとオアシス由宇

昨日はとーっても暑い日でした。
海まで行ってみようか!と、由宇の潮風公園までGO!

W012.jpg


泳ぎに行くつもりでしたが、ネットで調べると潮風公園の海開きは7月19日とありました。

 「潮風公園では、10:00より海開きの神事を行い、
  ライフセーバーによる監視もスタートします」
  2008年7月19日(土) 海開き(潮風公園みなとオアシスゆう)

まだ、海開きしてないんだ・・・・でも、気を取り直してお散歩に行くことにしました。

と・こ・ろ・が・・・・行ってみると、みなさん泳いでらっしゃるじゃないですか!

W010.jpg

後でわかったのですけど、この日は各地で気温35度を超えたそうです。
泳ぎたくなるのも無理はないですね。
それに、駐車場には係の方がちゃんといらっしゃったりして、対応済み・・・・のようでした。
ともかく、潮風ビーチは海水浴客でいっぱい!
しかも、写真は1時過ぎだったと思いますが、時間が経つにつれてますます人が多くなっていく感じでした。

W011.jpg


私はというと、せっかくだからと施設をちょっぴり見学。
駐車場の奥の方に行ってみると、建物の後ろに「たこ焼き」とか「かき氷」のお店ができてました。

W006.jpg

見る間に、お客さんで行列に・・・・

W007.jpg

建物の中に入ってみました。
「交流館」の物産販売コーナーでは、いろいろな食べ物とか飲み物が売ってました。

W001.jpg

もちろん、海水浴に必要(?)な、「うきわ」なんかも売ってます。
そして、「特産品」のところには、柳井の「三角餅」とか防府の饅頭とかも・・・・
なぜ岩国なのに、柳井とか防府のお土産があるんでしょ・・・・

W005.jpg

更に、奥の方にはレストラン「潮風」があります。

W002.jpg

窓際のテーブルは、とても眺めがよさそう。
リゾート気分、満点ですね!

W004.jpg

このレストラン潮風の「さしみ定食」は、評判がいいときいたことがあります。
他にも、「ぶっかけうどん」とか、「しおかぜ定食」とか気りますネ。

W020.jpg


 潮風公園みなとオアシスゆう(公式サイト)


詳しい地図で見る

PageTop

「ホテルかんこう」の夜景

IMGP7255.jpg

岩国には、岩国市民にしか通用しない言葉が幾つかあります。

「にしこう」……これは、ある高校の呼び名なのですが、どこの高校かおわかりでしょうか?
実は、これは「岩国高等学校」のことです。
なぜ「にしこう」というのかは、長くなるのでここでは触れませんが、特に平成の合併前からの岩国市民には一発で通じます。ちなみに、「岩国高校」の生徒は「にしこうせい」と呼ばれています。

「むせん」……これは、岩国で一番高い山、「高照寺山」のこと。
こちらも、なぜかという理由は省略します。
標高645mですから、ハイキングにはちょうどいいかもしれません。

さて、もう一つ紹介すると、「かんこう」ということばがあります。

「今日どこで飲み?」「今日はかんこう」

といった具合に使われます。

岩国市民でなければ、どういう意味かわからないと思いますが、実はこれ「岩国国際観光ホテル」のことを指しています。
でも、みんな「かんこう」の一言で呼んでいたら、いつの間にか「ホテルかんこう」という看板ができていました。

その岩国国際観光ホテルの前は錦川で、夏の夜は鵜飼舟の見物ができます。
夕涼みがてら、鵜飼い船を見に行かれては、いかがでしょうか・・・・。


詳しい地図で見る

PageTop

錦帯橋の鵜飼い舟

錦帯橋鵜飼いが始まるのは、夜8時から。

鵜飼い01

鵜飼い船と屋形船には、それまでに乗り込みます。

鵜飼い02

下の写真で、真ん中と右側は貸し切りの船。左側は乗り合いの船でした。

鵜飼い03

こちらは別の日に写した写真。錦帯橋のすぐ近くだということが分かると思います。

IMGP7258.jpg


乗り込みが終わると、船は錦川の上流に向かっていきます。私も一度だけ鵜飼い船に乗ったことがありますが、川風に吹かれて気持ちのよい川上りでした。

鵜飼い04

30~40分くらいで、ふたたび錦帯橋の近くに戻ってきました。屋形船が一列に並んで、その周りを鵜飼い船がまわっていきます。

IMGP7274.jpg


土曜の晩とかは、見物客も河原に集まって、間近で見る鵜飼いを楽しんでいらっしゃいました。

IMGP7279.jpg


夏の風物詩として、これからも続いてほしいですね。

IMGP7291.jpg


 錦帯橋鵜飼振興株式会社

PageTop

岩国ゆかりの剣豪

岩国ゆかりの剣豪というと?

この質問に答えられる方は、相当の岩国ツウだと思います。



私も、10年くらい前までは知りませんでした。



剣豪というだけで、人物は絞られてきます・・・・



まず第一に思い浮かぶのは・・・・宮本武蔵ではないでしょうか?



その武蔵と戦った人物で、イチバン有名な人物はいったい誰でしょう?

そうです!正解は、佐々木小次郎でした。

IMG_0659A.jpg
佐々木小次郎の出身地については、諸説あるようですが、吉川英治の小説『宮本武蔵』で、周防国岩国の出身と記してあることから、佐々木小次郎の銅像が建立されたようです。『宮本武蔵』では、有名な燕返しが錦帯橋の近くで編み出されたことになっていますが・・・・錦帯橋は巌流島の決闘の後で造られたそうです。

また、佐々木小次郎にちなんだ「佐々木屋小次郎商店」というのが錦帯橋を渡ってすぐのところにあります。休日には、ソフトクリームを買うお客さんで行列ができていることもある人気店です。このことについては、またリポートさせていただきま~す。


詳しい地図で見る

PageTop

岩国市観光協会

IMGP7073.jpg


錦帯橋の近くにある、岩国観光協会です。
ここには、いろいろなパンフレットがあるので、観光情報の入手に便利です。
パンフレットは階段を上がった突き当たりに置いてあります。
いちいち中に入ったりしなくていいので、気軽にもらえますよ。

ここで、ぜひ入手しておくと便利なのが、観光マップです。

 城下町岩国(錦帯橋)の史跡を訪ねて

と書いてある、簡単な地図なのですが、錦帯橋エリアの見どころがバッチリわかります。
そういえば、この地図、錦帯橋の袂で木枯らし紋次郎風の衣装を着たおじいさんが配ってたっけ・・・・
今度、出会ったら観光協会の方かどうか聞いてみようっと!

あと、ここは階段を上がってすぐの所に・・・・トイレがあります。花火大会の時は大活躍・・・・です。


詳しい地図で見る

PageTop

ブログのリンク集

PageTop

岩国の天気

夏休みになりましたので、岩国のお天気の記録をとっておきます。
何に使うかというと、もちろん夏休みの宿題とか日記とかですね。

7月26日(土) 晴れのち雨(カミナリ)
7月27日(日) 晴れ
7月28日(月) 晴れ
7月29日(火) 晴れ
7月30日(水) 晴れのち雨(カミナリ)
7月31日(木) 晴れ夕方から雨

8月 1日(金) 晴れ夕方に夕立
8月 2日(土) 晴れ 錦川水の祭典が開催
8月 3日(日) 晴れ
8月 4日(月) 朝、一時雨 のち晴れ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。