みどころ岩国

岩国市の、みどころ(観光)やグルメなどを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

きらめき号がデビュー

錦川清流線に「きらめき号」がデビューします。

nis1.jpg

デビュー日は2008年12月23日(火)。
錦川鉄道が07年春から始めた4両の新車両導入は、これで完結するそうです。

記念イベント

 ○「錦川鉄道100円デー」……運賃:大人100円、子供50円

 ○旧型車両「せいりゅう号」のさよなら運転

 ○「きらら夢トンネル」(錦町)の無料入場

 ○「錦よさこい連 螢」による演舞(駅前広場)

 ○バザー等の出店……特産品や鍋など飲食店を出店
                鉄道部品の販売(駅売店)

 ○ちょっぴりクリスマスプレゼント
  ……「さよなら せいりゅう号」(NT2101号)で使用したヘッドマークを1名様
  錦川清流線のペーパークラフトを30名様

詳しくは、錦川清流線のHPでご確認くださいませ。

スポンサーサイト

PageTop

岩国城を探検

子供と二人で岩国城を探検しました。
まず吉香公園の中にある 「ロープウェイ乗り場」から出発です。

ロープウェイに乗って「山頂駅」に行きました。
ここでロープウェイを降りて右手に歩きます。

少し歩くと、「岩国城まで300メートル徒歩5分」という標識がありました。右側は「広い道」、左側は「山道」と書いてあります

「さて、右に行くか、左にするか」子供と一緒に考えました。
その結果……私は右手の山道を、子供は左手の広い道を行くことにしました。
落ち合う場所は岩国城の「天守閣」です。

岩国城01

山道を歩いて行くと、この看板がありました。
図の中に描かれた「大手門」を目指して歩きます。

岩国城02

階段を上って「大手門跡」につきました。
私はもっと立派な門を想像していたので、ちょっと驚きました。
門をくぐると右手に天守閣が見えました。

岩国城03

青空に白い岩国城がよく映えます。
「絵はがきにあるような構図ね」
なんて言いながらしっかり撮影しました。

子供は私より先に着いていて「お城に入ろうよ」といいます。
お城の入り口は反対にあるので移動して入場しました。

入ってすぐの所には日本刀が飾ってありました。
私は、あまり興味がなかったので階段で展望台を目指しました。

岩国城04

展望台は四面がガラス張りでよく見渡せます。
写真は観光客の方がガイドさんの説明を聞いているところです。

岩国城05

お城の中から風景を撮影してみました。
真ん中のあたり、少し左手に見えるのが錦帯橋です。

岩国城06

しばらくすると正面が空いたので、そちらからも撮影。
今度は錦帯橋をズームして写しました。

ガイドさんのお話では、お天気がよければ瀬戸内海の島々も見えるとか。
城の周りの木が低かった時は、山陽新幹線の「新岩国駅」も見えたそうです。
試しに言われた方をのぞいてみても、今は木が生い茂って見えませんでした。

岩国城07

出口の前に「日本の名橋」と書かれてある写真パネルのコーナーがありました。最初に目に付くのが「錦帯橋」のポスターです。思わずクスリと頬がゆるみました。

お膝元なので錦帯橋を一番に取り上げるのは当たり前ですね。

岩国城08

外に出ると「旧天守閣」がありました。今は石垣だけが残っています。

岩国城09

こちらは「空堀」の写真です。確かに水も無いので「空堀」ですね。

岩国城10

山頂駅に帰る途中には、「大釣井(おおつりい)」とよばれている井戸がありました。かつて岩国城の築城時に造られたそうで、脱出口にもなる井戸だったそうです。広い道から見えるところにあるので皆さんよく行かれるようです。

岩国城11

ところで、この9月に「北の丸周辺遊歩道」が整備されたので、そちらも歩いてみました。なんでも、岩国城の400年前の石垣が見られるそうです。

岩国城12

ただ、この道は細くてアップダウンが多く、お年寄りにはキツいかもしれません。
さらに……途中この時期なのに蛇と遭遇しました!
犬と散歩をしている人に蛇の話をしたら、
「それはハミ(マムシ)じゃあなかったかね」と言われてビックリ!!

今度はこの道は通らないことにしよう、と密かに決心しました。

ところで、私はこの岩国城の別名が「横山城」というのをこの時に知りました。
なるほどです。吉香公園の周りが横山という地名ですから。

PageTop

魂稲成大祭

10月18日、山賊の魂稲成大祭(むすびいなりたいさい)に行きました。
前夜祭の始まりは夜6時30分からということ。
少し早めに行きましたが、この日もたくさんの車が停まっていました。

山賊魂稲成大祭01

写真の建物のところから、魂稲成神社に向かいます。
ちなみに、建物の中は自動販売機コーナーになっています。
山賊の待ち時間が長い時は、よくここを利用します。

山賊魂稲成大祭02

神社の方に歩いていくと、このアーチがありました。
「今日はお祭りだからあるのかな?」 なんて思いながら、くぐりました。
今年は、魂稲成神社が山賊に移されて、ちょうど20年だそうです。

山賊魂稲成大祭03

神社の近くには、半纏を着た人やそろいの浴衣姿の人がいらっしゃいました。この写真の手前には、控えの小屋があり、たくさんの方が前の濡れ縁に座って出番を待っている様子でした。

山賊魂稲成大祭04

出番を待つおばさま方です。
緊張してる様子が伝わってきます。

「もうこうなったら、やるしかないわよ」
そんなささやき声が聞こえてきました。

「時間になりました。最初に山賊の踊りから始まります」

アナウンスで踊りが始まりました。
テンポの良い曲に合わせて、みなさん踊りながら山賊の建物の方に進んで行くようです。

山賊魂稲成大祭05

私は写真を撮りたかったので、先回りをしてパチリ。
よく練習をされたのでしょうね踊りが揃っています。
上の写真は、橋を渡って神楽の会場前に着くところですが踊りはこの場所が終点でした。

山賊魂稲成大祭06

橋の方に行くと、ふだんは気がつかなかった山賊村の雰囲気。

山賊魂稲成大祭07

次は、大竹市の「亀居城太鼓」の始まりです。
大竹は岩国のお隣ですが、「亀居城太鼓」というのは初めて聞きました。
途中でホラ貝を吹いたり鐘を鳴らしたり大変にぎやかでした。

山賊魂稲成大祭08

この後、特設会場で「鏡割り」がありました。
この時の樽酒の銘柄の「金分銅」が気になりました。
どこのお酒なのかな?
(後で調べたら、山口県の下松市にある「金分銅酒造」のようでした)

鏡割りの後は、いよいよ「神楽」の奉納です。
「谷津神楽保存会」と書いてあります。
私は、ここで神楽を見るのは初めてなので興味津々です。

まず男の人が出てきて勇ましく舞われました。
その後何回か、舞う方が入れ替わりました。

山賊魂稲成大祭10

この写真は小柄な女の子が出てきて舞っているところです。
何でも小学生とのこと。

神楽の間にお茶やお菓子のサービス、そして振舞酒もありました。
残念なことに私は車だったので、お茶をいただきました。
「おひねり」の紙も用意してあったので、私も皆さんのマネをしてエイッ。

山賊魂稲成大祭11

神事が終わると「ふれあいコーナー」が始まりました。
私はこの方を知らなかったのですが良い歌声でした。
曲は、「お祭りマンボ」。
確か「美空ひばり」さんの歌だったと思いますけど、どうでしたっけ・・・・。

この後も前夜祭は続居たのですが、少し寒くなったので家に帰りました。
いつもの山賊とはまた違った楽しさで、行った甲斐がありました。

次の日の「本祭」には行かなかったのですが、また機会があれば見てみたいなぁ。

PageTop

ソフトクリーム合戦in岩国

最近、錦帯橋に新しいソフトクリーム屋さんができていました。

ソフトクリーム合戦in岩国01

錦帯橋を渡って吉香公園に向かうと、右側にあります。
「にしきや」と看板が出ていました。

全国各地のソフトクリームなど、いろいろな種類があるようです。
私も早速バニラを買って食べてみました。
「うーん、盛りがちょっと控えめかな」
子供とそんな話をしながら辺りを見回しました。

ソフトクリーム合戦in岩国02

お向かいの「むさし」もあいかわらず繁盛です。
やはり錦帯橋を渡ってすぐの場所がいいのでしょうか。

ソフトクリーム合戦in岩国03

「むさし」とくれば「小次郎」です。
「佐々木屋小次郎商店」は、この日も相変わらずにぎやかです。
特に人力車の前で呼び込みをされるお兄さんの声がいいです。
つられて足が向いてしまいます。

さて、ソフトクリーム激戦地はこれからが楽しみです。

帰りに、きれいに咲いた「金木犀」「銀木犀」を見つけました。

ソフトクリーム合戦in岩国04

「金木犀」はよく見かけるけど「銀木犀」は珍しいと思います。
よく手入れをされているようで見事に咲いていました。

お互いに相手を引き立てあっているように感じ、ほのぼのとした私です。

PageTop

スエヒロ(中華そば)

先日、スエヒロ欽明路店に行きました。
今までそばを通っても中へはいるのは初めてです。

スエヒロ01

黄色いどんぶりが屋根にあるので、とても目立つ建物です。

スエヒロ02

「チャーシューメン」を注文してみました。チャーシューは柔らかく、私の好きなもやしが美味しくいただけました。

スエヒロ03

こちらは、「チャーシュー大盛り、麺カタ、野菜脂」です。えっと、麺を固めにゆでて、もやしとネギを多くして豚の背脂をトッピングしたものだそうです。見た目はかなり脂っこいのですが、意外とあっさり食べられるとのこと。

スエヒロ04

メニュー表の下に、「インターネットでも販売しております」と書いてありました。お店を出る時に、ポスターが貼ってあって「ヤフーショッピング2位」という文字が書いてあったと思います。たぶん、次のリンクだと思うので、参考になさってください。



 講談社から6月4日発売の「1400万商品から選ばれた!お取り寄せグルメ Hit Ranking」にスエヒロの中華そばがラーメンランキング全国2位を獲得しました。

 yamaguchiきらら特産品


詳しい地図で見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。